マンションを賃貸に出す際ネットで口コミの評価が高いところ

マンションを賃貸に出す方法

本業がある人でも気軽にオーナーになることができます。

仲介を依頼するとき、通常は選任媒介契約になり、他の不動産業者等は仲介ができなくなります。依頼を受けた業者は、看板を立てたり広告を出したり、自社のサイトに物件を出したりして借主を募ります。借主が見つかるまで、オーナーは仲介業者に費用を払う必要はありませんが、物件の維持管理費は自分で負担しなければなりません。借主が見つかったら、通常は一か月分の賃料を借主が業者に支払います。ただ、近年ではこれをオーナーが負担することで、より早く借主を見つけるという業者もありますので、契約前に確認しておきましょう。借主が決まれば、業者との契約はそこで終了となりますので、契約書を交わしたのちに賃料は直接受け取るという形になります。遠方で集金や建物の維持管理が困難という場合には、管理代行を業者に依頼することになります。その場合には、毎月代行手数料を支払う必要が出てきますが、集金やクレーム処理、建物の修繕などの様々な手続きを一切任せることができますので、本業がある人でも気軽にオーナーになることができます。不動産業者の中にもこういった代行を行っているところがありますし、自社では行っていなくても、別途代行業者を紹介してもらえることもあります。もちろん、自分で探すことも可能です。

つづく⇒本業がある人でも気軽にオーナーになることができます。