マンションを賃貸に出す方法

マンションを賃貸にネットで口コミの評価が高いところ

人が済んでいないマンションを賃貸に出したいという場合、自分で借主を募るのは困難です。そのため、一般的には不動産業者などの仲介業者に依頼して、借主が見つかったら直接賃料を受け取るという流れになっています。大まかな流れとして、まず賃貸に出す物件を片付けて、故障している設備があれば修繕し、すぐに入居できるようにしておきます。その上で、仲介を依頼する業者を探す必要がありますが、業者選びは意外と大変です。というのも、高額の賃料で借主を見つけることができれば、オーナーにとっても毎月の収入が高額になるので喜ばしいですが、借りる側からすれば賃料が高いところというのは敬遠されてしまうものです。そのため、ある程度賃料を下げても空き室リスクを減らしたいか、高額の賃料を回収するかなど、オーナーの意向によってベストな仲介業者は異なってきます。さらに、不動産取引の経験がほとんどないオーナーにとっては、どの業者が集客力があるのかというのとはまず判断できません。そのため、知り合いの不動産業者がいないときには、一括見積サイトなどを利用したり、ネットで口コミの評価が高いところ、ランキングで上位に挙がってくるところなどを優先的に選んだほうが安心です。

一括見積でもっと条件の良いところ

一括見積というのは、インターネットで自分が賃貸に出したいマンションの概要を入力して、見積サイトに送信するというものです。これによって、そのサイトに登録している不動産業者のうち、仲介ができる業者から見積もりが一斉に届くようになります。登録している業者は、そのサイト独自の基準で信頼できる業者ばかりに絞り込んでいますし、幅広いエリアを対応している大手業者もたくさんいますので、安心です。見積もりはメールや電話などで届きますが、あくまでも簡易的なものですので、正式な見積もりは現地を見てからになります。とはいえ、すべての業者が現地まで出向くわけではなく、オーナーが簡易見積もりで興味を惹かれた業者に直接連絡を取ることで、その業者が現地で査定を行うという流れになります。立地条件や駐車場の有無、日照、内装の状態など様々な条件を確認したのち、最終的な賃料の見積もりを提示してきます。賃料に折り合いがつけば、その業者に仲介を依頼しますし、もっと条件の良いところを探したければ、仲介を断って、他の業者に連絡を取って現地の調査をしてもらいます。

つづく⇒本業がある人でも気軽にオーナーになることができます。
マンション 賃貸に出す 住宅ローン
三光エステート